SG-122 第四種汽笛(国土交通省型式承認第4472号)

SG-122

本体画像・SG-122
発売中

電子回路部とスピーカ部が一体構成なので取付工事が極めて簡単です。
配線もバッテリー(DC24V)と電子ホーンとの間を押しボタンスイッチを介して接続するだけです。
電源コードは無極性ですので極性を考える必要はありません。
押しボタンスイッチを押すだけで吹鳴しますので、取り扱いが簡単です。
外気に触れるところは全て耐候性プラスチックを採用しました。ネジ類は全てステンレス製です。
発振用スイッチは接点容量DC30V/3A以上を使用して下さい。
汽笛専用アンプMA-427なら、汽笛スイッチとマイク入力が搭載されています。

製品情報ダウンロード

品番 SG-122
価格 ¥52,000
<税別>
主な仕様
外観・寸法
寸法 口径280×180mm/全長293mm
色調 ライトグレイッシュホワイト マンセルN-9.5近似色
質量 約2.8kg
性能
定格電圧 26.4V
使用電圧範囲 DC23~30V
定格電流 約1.2A
基本周波数 650Hz
音圧レベル 1/3オクターブレベル 120dB以上/1m
防水性 いずれの方向から距離3mで連続15分間
内径25mm以上のノズルで水頭10mの水を注ぎ浸水なし
環境性能
塩水噴霧性 JIS Z 2371に定める方法により、8時間の実噴霧と16時間休止を繰り返し72時間行い
破損、変形、発錆等異常なし
その他
電源コード 汽笛電源入力 白線(+)、黒線(-)
VCTF 0.75m㎡×4芯 5m
発信用スイッチ 接点容量 DC30V 3A以上を使用のこと。
吹鳴信号 海上衝突予防法に基づく音響信号によること。
汽笛の動作 汽笛(白線と黒線)に電源が供給されるとスピーカ入力(赤線と黒線)が開放され汽笛が優先して鳴る。
汽笛に電源が供給されないときはスピーカ入力により音が鳴る。
スピーカ部仕様 スピーカ入力 赤(H)、白(C)
入力30W インピーダンス16Ω
RoHS対応

掲載機器は改良のため予告なく製品・仕様・価格などを変更する場合があります。