広報活動

ノボル電機製作所 東京ショールーム オープン!(2022年6月度)

東京ショールーム 
6月3日(金)に、ノボル電機製作所のショールームがオープンしました。
今後、スマホ用無電源スピーカー「拡音器」の展示販売を行うほか、【代々木ギーク倶楽部】として、クリエイターさんに場所を提供し、ワークショップを開催する拠点になる予定です。

住 所:東京都渋谷区代々木5丁目61番3号(代々木公園駐車場前)
東京メトロ 代々木公園駅 3番出口 徒歩5分
小田急電鉄小田原線 参宮橋駅 東口 徒歩8分
定休日:不定休


雑誌「Begin」 5月号掲載(2022年5月度)

ほしい!が見つかるGOOD LIFE BIBLE 「Begin」5月号(世界文化社)の、Begin Market Brand Newのコーナーにて、拡音器NMP-001を掲載していただきました。


NMPシリーズが枚方市のふるさと納税の返礼品に認定されました。(2022年4月度)

この度、ノボル電機製作所の商品「スマホ用無電源スピーカーNMPシリーズ」が、枚方市のふるさと納税の返礼品として採用されました。
ふるさと納税サイト「さとふる」への掲載が始まりました。寄附としてお申込みいただけますので、ぜひお申し込みください!

さとふる


健康経営優良法人2022認定(2022年3月度)

健康経営優良法人2022認定
2022年3月9日、経済産業省及び日本健康会議が認定する「健康経営優良法人2022(中小企業法人部門)」の認定を受けました。昨年に引き続きの2年連続での認定となります。

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。(経済産業省HPより引用)


大阪産業創造館 Bplatz press(ビープラッツプレス)掲載(2022年2月度)

Bplatz press(ビープラッツプレス)
 大阪産業創造館が発行するフリーペーパーBplatz press(ビープラッツプレス)2022年2月号に弊社社長のインタビュー記事が掲載されました。
 「ツギの世代」という特集記事で家業を継いだ若手経営者5名が紹介されています。
弊社社長は「先代の思い汲み、堅実に挑戦を続ける」との題で、事業継承の経緯からモノづくりへの思い、今後の取り組みまで、満面の笑顔と共に掲載されています。
 Webと冊子でご覧いただけます。

>Bplatz press(ビープラッツプレス)サイトへはこちら

 
 
Bplatzのご紹介
【めざせ!日本一オモロイ行政情報】
ウェブと冊子でアプローチする、大阪市経済戦略局の外郭団体「大阪産業創造館」が発行するビジネス情報マガジン。
「中小企業の町、大阪が元気になるには、大阪人が頑張っていることを伝えるのが一番」という理念のもと、関西で活躍する元気でパワフルな経営者やユニークな中小企業にフォーカスした記事を掲載しています。

 
偶数月10日発行。Osaka Metro 22駅(東梅田、本町、なんば、天王寺、新大阪など)のほか、大阪市内の各主要施設等で、無料配布しています。ウェブサイトでは最新号をはじめ、バックナンバー記事もお読みいただけます。


新聞掲載(2022年1月度)

 2022年1月18日付けの毎日新聞大阪版に弊社の取り組みの記事が掲載されました。
「心温まる懐かしの音響」というタイトルにて、スマホ用無電源スピーカー「拡音器」の開発の経緯からクラウドファンディング、今後の展開まで、商品紹介やエピソードを紙面の6段に渡って1000文字以上の記事にしていただきました。
昨年末取材を受けたのですが、緊張からかうまく話せなかったところもありましたが、記者さんが完璧に纏めてくれました。
取材を機に「拡音器」の誕生秘話として3つコラムをオフィシャルブランドサイトに掲載しましたのでぜひお読みください。

 また、ラジオ大阪の番組「新しいおとな”の朝に!ハッピー・プラス」(パーソナリティ:南かおりさん)の「今朝の朝刊から」にて記事を引用する形で拡音器を紹介していただきました。
突然の放送でしたのでびっくりでした。ありがとうございます。


雑誌「MONOQLO」3月号掲載(2022年1月度)

 テストするモノ批評誌「MONOQLO」3月号(晋遊舎)の、「モノコレ!」コーナーにて「味わい深い音が心地よい」と拡音器NMP-001を掲載していただきました。


新聞掲載(2021年12月度)

新ブランド立ち上げ
スマホ用無電源パッシブスピーカー拡音器NMP-002が日経MJに掲載されました。
12月3日(金)11面の新製品紹介にて、「音楽やラジオを流せば、懐かしさを感じさせる豊かなサウンドが広がる」とカラー写真付きで紹介していただきました。
NMP-002は、クラウドファンディングでのNMP-001の好評を受けて、11月より発売を開始しました。
船舶用スピーカをモデルに開発し、外観はアルミ鋳造品を使用し重厚な雰囲気と無骨な見た目ながらも、丸いフォルムと短い脚に可愛らしさが感じられる商品となっています。

特設サイトにて販売していますので、一度チェックしていただけると嬉しいです。

特設サイトへはこちら:https://noborudenki.com


枚方産学公連携フォーラム2021(2021年12月度)

社長の猪奥元基が12月4日に開催される「枚方産学公連携フォーラム2021」のパネルディスカッションにて
パネリストとして登壇します。
若手経営者が直面している経営課題ついてディスカッションしますのでご興味のある方はご参加ください。
オンライン参加も可能です。
 
枚方産学公連携フォーラム2021
~デジタル化推進による新たな価値の創造と生産性向上~
日時:2021年12月4日(土)
会場:枚方市立地域活性化支援センター
7階 たまゆらイベントホール(輝きプラザきらら内)


献血(2021年11月度)

11月25日に本社駐車場にて献血活動を実施しました。
年に2回献血車を招いて実施していますが、今回で35回目でした。
新型コロナウイルス感染予防のため止血バンドが使い捨てになっていたり、気分が悪くなった場合の為にリクライニングチェアがあったりと、献血車でも快適に献血ができるように工夫がされていました。
血液検査の結果もwebで見られるようになっており、健康維持にも役立ちます。
冬から春先にかけて献血者が減少する傾向があり、血液が不足しやすいようですので、機会があれば是非ご協力ください。


ノボル電機製作所事業 「拡音器」一般販売とクラウドファンディング終了について(2021年11月度)

肺年齢測定会(禁煙推進プロジェクト)
10月31日に無電源パッシブスピーカー「拡音器」のクラウドファンディングが終了しました。想定を超える192名もの方々に支援を頂き、嬉しい限りです。ご支援いただいた皆様、HPを見ていただいたすべての皆様に感謝申し上げます。
初めての試みで、クラウドファンディング開始前には、1人も支援いただけないのではと不安になりましたが、皆様がご支援の輪を広げて頂いたことにより目標の792%を達成しました。

これにより、11月初旬からオフィシャルブランドサイトを立ち上げ一般販売を開始することとなりました。一般販売では船舶用スピーカーをモデルに開発したNMP-002も発売し2機種同時リリースとなります。
トップページの左側にオフィシャルブランドサイトのバナーを置いていますのでぜひ見てください。

オフィシャルブランドサイト:https://noborudenki.com


防災訓練(2021年10月度)

肺年齢測定会(禁煙推進プロジェクト)
10月12日に防災訓練を実施しました。
年1回毎年行っていますが、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、避難訓練は全社で行わずに、密にならないように職場単位で工夫して行いました。
水消火器での消火訓練では「消火器を持ってみると想像以上に重かった」とか、「簡単にできると思っていたが、ピンを抜いたりホースを持ったりと実際の火災現場では慌ててしまいそうで、訓練で経験できて良かった」など従業員からの声がありました。
来年は、屋内の消火設備の訓練なども取り入れて防災への意識を高めていきたいと思います。


新聞掲載 無電源スマホ用パッシブスピーカー 拡音器NMP-001(2021年9月度)

9月1日からクラウドファンディングを開始した拡音器NMP-001ですが、モノづくりの全国紙「日刊工業新聞」様(9月14日朝刊27面)や、デザイン系webマガジン「AXIS」様(9月15日)など様々なメディアに取り上げて頂きました。
初めての挑戦であり、SNSを含めて反響があることが嬉しいです。


新ブランド立ち上げ(2021年9月度)

新ブランド立ち上げとクラウドファンディング開始について
一般消費者向け新ブランドとして「ノボル電機製作所」を立ち上げました。
旧社名をブランドに使用していますが、製品は今までと全く異なり、一般の方に使用してもらえるインテリア雑貨の開発と販売を行います。
第一弾として無電源スマホ用パッシプスピーカー「拡音器」を発売します。
この商品は、従来のホーンスピーカーの技術をそのまま使用し、スマホから流れる音楽を優しく響かせます。電源が不要で持ち運びができ、スマホを置くだけの簡単なスピーカーのため、アウトドアや、自宅でのちょっとした趣味の時間にぴったりです。
“不器用なガジェットの愛おしさ”をコンセプトに掲げ、最新のリアルで美しいサウンドではない、どこか懐かしくノスタルジックな気持ちにさせるこのスピーカーに興味を持ってもらえれば嬉しいです。
9月1日~10月31日までクラウドファンディングにて先行発売をします。(トップページのお知らせ・新着情報にリンクがあります)

クラウドファンディング情報
運営サイト:GREEN FUNDING
期   間:2021年9月1日~10月31日
特設サイト:https://noborudenki.com

>特設サイトへはこちら



新ブランド立ち上げ新ブランド立ち上げ


セイタカヨシ刈り取りボランティア(地域振興)(2021年7月度)

セイタカヨシ刈り取りボランティア(地域振興)
7月17日(土)に枚方・交野天の川ツーリズム推進協議会が主催するセイタカヨシ刈り取りのボランティアに弊社から有志10名が参加しました。
刈り取ったセイタカヨシはパウダーにされ、枚方・交野地域の名産品として様々な食品に生まれ変わります。
セイタカヨシ商品が掲載されたガイドブックが発刊されていますので、枚方交野地域を観光しながらセイタカヨシ商品を味わってみてはいかがでしょうか。


肺年齢測定会(禁煙推進プロジェクト)(2021年7月度)

肺年齢測定会(禁煙推進プロジェクト)
7月2日に肺年齢測定会を実施しました。
ひらかた健康優良企業対象の健康講座の一環として、枚方市地域健康福祉室にご協力頂き、社内で開催しました。
喫煙者を中心に25名が参加しました。
タバコの害に関する資料や、枚方市の取り組み情報、禁煙費用補助の資料を展示し、禁煙への意識を高められるよう工夫を凝らしました。
肺年齢測定では、実年齢より高かったり、以外と若い年齢がでたりと様々でしたが、禁煙へのきっかけづくりができました。
弊社では、禁煙外来の全額補助、禁煙継続奨励金などの補助制度があり禁煙を後押ししています。この機会にぜひ禁煙について真剣に考えてみましょう。

地域健康福祉室の担当の方とは枚方市に移転してから従業員の健康意識向上のために連携して施策を行っています。昨年の優良企業への認定から今回の肺年齢測定会と具体的に活動ができました。
今後も健康経営を意識した取り組みを行って参ります。


献血活動(2021年6月度)

献血活動
6月16日に弊社駐車場にて大阪府赤十字血液センターの献血バスによる献血を実施しました。
社内だけではなく、近隣の企業様からもお越し頂き、2時間で26名の方にご参加いただきました。
コロナ禍での献血不足の中、ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。
初めて献血した方や、前回は血液検査でNGだったが今回はOKだった方からは、献血により社会貢献ができたと喜びの声もありました。
弊社では2004年から献血活動に協力しており、今年で18年目に突入しました。献血バスでの献血も今回で34回目です。
今後も献血サポーター企業として協力して参ります。


製品説明を動画で紹介します。(2021年5月度)

トップページの左側のリンクにYouTubeチャンネルを追加しました。
外国語しゃべ~るホン「TDS-003B」の基本操作や、チャイム・メロディータイマー
「CT-20」の放送時刻設定など、文字だけでは分かりにくい内容を動画で説明しています。
ぜひご視聴ください。

>ノボル電機Youtubeはこちら
ノボル電機Youtube


Q&Aの内容が充実しています。(2021年4月度)

トップページの中央にあるQ&Aの項目を見たことがありますか?
一昨年よりコンテンツの充実を測るため、よくあるお問い合わせを中心に随時更新しています。
お客様相談室の担当者が、図や絵を入れて分かり易いように工夫して掲載しています。
その他の項目には、旧製品の取扱説明書も見られるようにしていますので、ぜひ確認してみてください。

>Q&Aはこちら
Q&A


「健康経営優良法人2021」に認定されました!(2021年3月度)

健康経営優良法人2021認定証
2021年3月4日、経済産業省及び日本健康会議が認定する「健康経営優良法人2021
(中小企業法人部門)」の認定を受けました。
今後もノボル電機で働くすべての従業員がイキイキと活躍できるよう、
職場環境を整えて参ります。


SDG’S対策技術展2020 オンラインマッチングWEBページ開設(2021年2月度)

TDS-003B「外国語」しゃべ~るホン
2020年10月22日に開催されたSDGs対応技術展2020の「オンラインマッチングWEBページ」が開設されました。
コロナ禍のため来場ができなかった企業様向けに、展示企業の紹介やマッチングの申し込みが出来ます。
弊社も多言語放送装置「外国語しゃべ~るホン」を動画で紹介していますのでぜひご覧下さい。
公開予定 2021年3月末まで

>SDGs対応技術展2020の「オンラインマッチングWEBページ」はこちら


枚方市ものづくり企業支援総合サイト掲載(2021年1月度)

情熱ものづくりインタビューに弊社の記事が掲載されました。
弊社の75年の歩みとこれからの展望についてインタビュー形式で掲載されています。
写真も沢山あり読みやすい記事ですので、ぜひ読んでみて下さい。

>情熱ものづくりインタビュー記事はこちら
枚方市ものづくり企業支援総合サイト


新聞掲載 ボイスチェンジャー機能付きメガホンTD-517V(2021年1月度)

TD-517V
75周年記念製品として限定発売しているボイスチェンジャー機能付きメガホンTD-517Vが新聞に掲載されました。

◆日刊工業新聞 2020年11月16日(月) 新製品フラッシュ
◆日経MJ 2021年1月25日(月)新製品

TD-517Vの特長

1、マスクを着用しながら飛沫を飛ばさずに拡声ができる
2、3段階の変調(ボイスチェンジャー)機能でハウリングが抑制される
3、ボイスチェンジャーによってちょっと面白い声になる
これらの特長が注目され、記事にて紹介されました。


SDGs対応技術展に出展しました(2020年11月度)

10月22日、大阪産業創造館にて行われた「SDGs対応技術展2020」に出展してきました!
SDGsの17の目標のうち「11:住み続けられるまちづくりを」「12:つくる責任 つかう責任」の分野にて採択された多言語放送装置「外国語しゃべ~るホン」を展示しました。
当日は36社の展示ブースが並び、当社のブースにもたくさんの方が足を運んでくださいました。ありがとうございました。
※商談の際はマスクに加え、フェイスシールドを着用しました。



SDGs対応技術展SDGs対応技術展


献血車がやってきました。(2020年10月度)

10月22日、交野本社に献血車がやってきました。
現在、イベントなどが減り、献血を募る機会の減少とともに血液が不足しているそうです。
今回の献血ではこれまでと違い、献血をする前の採血前検査を指先で実施しました。
少しチクッとしますが少量の血液で検査ができるので負担も少なくて良いですね。
今後も会社として献血への協力を続けて参ります。



献血献血車


日本プラスチック工業連盟誌「プラスチックス」10月号に掲載されました。(2020年10月度)

日本工業出版が発行している、日本プラスチック工業連盟誌「プラスチックス」に掲載されました。
「連載:これ、プラスチックで作りました」において弊社の猪奥年紀会長が「かる~いホン」について寄稿しています。
機会があればぜひ手に取ってみてくださいね。



日本プラスチック工業連盟誌「プラスチックス」10月号


ひらかた健康優良企業に認定されました(2020年10月度)

9月24日、ひらかた健康優良企業に認定されました。
当日は枚方市健康福祉部の方が来社され登録証を授与して頂きました。
ひらかた健康優良企業とは、枚方市が従業員の健康づくりに取り組む企業を支援する制度です。
今後、枚方市と連携して従業員の健康増進に努めて参ります。



ひらかた健康優良企業に認定されました


健康宣言をしました(2020年9月度)

9月2日、従業員の健康と、企業の健全な経営のため健康宣言を実施しました。
健康診断受診率100%、受診勧奨の取り組み、女性の健康保持・増進、感染症予防と具体的な目標を設定して取り組んでいます。

◆弊社のこれまでの取り組みの一部を紹介します◆
健康診断:健康診断受診率100%、35歳以上の従業員に人間ドック費用補助
感染症予防:インフルエンザ予防接種の全額補助と、社内で産業医による集団接種の実施
メンタルヘルス:ストレスチェックの100%実施 産業医によるカウンセリング
受動喫煙対策:屋内全面禁煙、禁煙外来全額補助、禁煙達成報奨金制度
働き方改革:年次有給休暇の取得促進、時間年次有給休暇制度、計画的年次有給休暇の導入、看護休暇・介護休暇を有給扱い、育児介護のための時短勤務
食生活改善:仕出し弁当の実施とカロリー表示、健康飲料の導入
運動促進:ヘルスウォーキングなどの運動機会の利用、始業時全社員でのラジオ体操の実施



健康宣言をしました


ヨシ狩りボランティアに参加しました(2020年8月度)

8月29日、「天野川セイタカヨシプロジェクト」の一環で、天野川でのセイタカヨシの刈り取りボランティア活動に参加しました。
会社の近くを流れる天野川流域にはセイタカヨシという植物が自生しており、刈り取った葉をパウダーに加工したものが「天野川セイタカヨシ」です。
カフェインゼロで鉄分やビタミンC、葉酸などが含まれており、枚方・交野の特産品として注目されています。
当日は36度を超える気温の中、感染拡大対策、熱中症対策をしっかりとって刈り取り作業を行いました。



ヨシ狩りボランティア ヨシ狩りボランティア


次のページへ